FC2ブログ

紀ブンな写真館

スナップ写真を中心に四季の風景・花を間に入れ合成写真も取り混ぜ、おでん鍋の具の様に見飽きない写真を載せたい。 どうぞご覧下さい。

ナイショ話

naisyobanasi.jpg

芽吹きの時期に見つけた寸景。駐車場にするために邪魔な木が切られたのだろう。しかし、こっそりと切り株の片隅から小さな芽を出し、数年後の今、再生し出した。駐車場の持主には内緒にして置きたいものだ。ダメかな・・・・・
スポンサーサイト
  1. 2006/04/20(木) 22:29:50|
  2. スナップ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

箒(ほうき)

houki.jpg

子供の頃、町内には何処にでも、朝な夕な見かける度に箒を持って掃除をしている綺麗好きなおじさんが、ひとりぐらいは居たものだ。そんなおじさんがお店からガラガラと戸を開けて、顔を出しそうな町内の光景である。
  1. 2006/04/20(木) 22:11:08|
  2. スナップ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

再就職

saisyusyoku.jpg

定年退職後も元気に働き続けている貴方のお父さんの様に。以前はレールとして働いていたが、今ではレールが等間隔に切り取られ、立てめぐらされ垣根として役立っている。
  1. 2006/04/20(木) 21:51:24|
  2. スナップ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

隣の家の桜の木

tonarinosakura99.jpg

毎年決まって桜の時期になると、私の家の台所の四角な窓から青空をバックに隣の家の桜の木がよく見え、私は家にいながら花見が出来る事が嬉しかったし楽しみであった。
桜と言えば、私が生まれ育った故郷の家には昔から一本の桜の木があり、桜の芽吹きに始まり、日に日に姿を変えて、枝がしなる程に花を付ける満開の時を迎え最後に風に散って行く過程を、家族の誰もがいつも見守り、桜も高い所から家族を見下ろし、一体感を持つ間柄であった。
しかし、5年前の春には台所の窓から桜が消えたのだ。前の年に隣の家の桜の木は切り倒され、四角い窓には青空だけが残された。無性にそんな桜がいとおしくなり、私は4年前から、私の住んでる(中野区)近辺の個人所有でその家の人々が大切に育てている桜に興味を持ち、桜の時期になると花見を兼ねてそんな桜達をカメラに収めて歩いています。ここに「隣の家の桜の木」のタイトルで、その中の数枚を載せてみました。今年もこれらの桜は元気で花を咲かせています。では、桜を出しに“缶ビールで乾杯”などと桜に感謝・感謝。

中野区中野3丁目 古野さん宅の桜
     平成16年4月3日撮影


tonarinosakura44.jpg
中野区新井2丁目 大森さん宅の桜
     平成14年3月23日撮影 *大森桜という立札あり


tonayinokakura111.jpg
中野区丸山 楠本さん宅の桜
     平成17年4月9日撮影
  1. 2006/04/09(日) 22:38:43|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ブンブン丸

03 | 2006/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search