FC2ブログ

紀ブンな写真館

スナップ写真を中心に四季の風景・花を間に入れ合成写真も取り混ぜ、おでん鍋の具の様に見飽きない写真を載せたい。 どうぞご覧下さい。

謎(合成)

yoparai4.jpg

居酒屋のカウンターにて飲むほどに話しが盛り上がり、時が過ぎて友人が「帰るよ。」と言って店をふらふら出て行く。帰った事すら忘れかけている数時間後、突然彼が店にふらふらと舞い戻って来たりする事がある。彼の空白の数時間は何だったのだろう。謎である。
こんな川柳があった。
夢川柳の会「2005年5月、お題(謎)」より
    「酔っ払い 夜の全てが 謎である」 作者、さざえ
笑える。
スポンサーサイト



  1. 2005/11/28(月) 19:18:06|
  2. 合成|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

交通整理

koutuuseiri.jpg

この辺の道は近くに学校があり、朝の通勤時間帯は歩道が多くの人と自転車でゆきかい、事故が起こりやすいため、歩道に障害物を設置して流れを遅らせて事故の発生を防いでいる。この障害物が何故かユーモラスに見えてならない。障害物が交通整理のおまわりさんなのかも。
  1. 2005/11/18(金) 21:44:56|
  2. スナップ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

Map

map.jpg

初めての街に行き、目的の場所を探している時に見かける、味のある地域限定の詳細な地図。ていねいに地図を調べてみれば、地図上のお店は実際に姿を消していたり、又別の店に変わっていたりと、時の流れがめまぐるしく変化しているものだ。
  1. 2005/11/18(金) 21:24:17|
  2. スナップ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

記録

kiroku.jpg

以前は何のお店だったのだろう。この店が開店した当時は店主も未来に胸を膨らませて、生き生きと商売に励んでいたはずだ。今はシャツターに落書き・ビニールのシートの破れ・夕日の陽の光さえ雲に隠れて弱く射し込み、取り壊されるのを待っているだけのお店。存在すら消えてしまう物の記録。

新宿区・西新宿にて
  1. 2005/11/18(金) 21:10:47|
  2. スナップ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ガラポン

garapon.jpg

年末になれば登場する福引機械ガラポン。「はい、回して下さい。」と係員の掛け声に、おもいきり大きく速く回してしまい、「もう少し、ゆっくり回して下さい。」と言われ、やり直してしまう。どうせ、当たりが出ないのなら、おもいきり大きく速く回したいものだ。
  1. 2005/11/18(金) 20:42:10|
  2. スナップ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

二着目は1円

suutugaitien.jpg

1円玉を持って二着目のスーツだけくださいと言ってみたくなる。二着を買わせる為によく考え抜いたセールス文句である。

渋谷にて
  1. 2005/11/18(金) 20:27:48|
  2. スナップ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

木の葉

nijimu.jpg

秋の深まりを、木の葉が少しづつ滲むように色を変えて、私の心の中に溶け込んで穏やかにしてくれる。焦らぬようにと・・・・・
  1. 2005/11/16(水) 00:42:56|
  2. スナップ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Sticker

sticker1.jpg

街が活気づく少し前の午後3時頃に、歌舞伎町に足を運び歩き回っていると、遠くの店の看板の下に四角なボードがあり、そのボードに何が書いてあるか分からない位にステッカーが貼り埋め尽くされていた。近づいて見ると、ステッカー群の前に、中年のバーテンダーらしき男が立って独り言の様に何かに小さな声で話しかけていた。私はその男の人に「こんにちは」と挨拶をして、「写真・撮ってもいいですか」と尋ねると、その男は「この小猫」と答えたので、私はそこで始めて、その男がステッカー群の側の格子越しにいる小猫と会話していることに気付いた。そう言えば、都会の猫達を被写体として撮り続けているカメラマンがいる事を思い出した。小猫が目的ではないので私は男に「すみませんが、小猫ではなく、このステッカー群がすごく気に入り撮りたいのです。」と告げたら、男は後ろに下がってくれた。このステッカー群が歌舞伎町という街の雑居性と似ていることが面白くて、私はそのステッカー群にカメラを向け、シャツターを切った。すると、何故か、その小猫はその場から逃げずにステッカー群の傍らで並んで写真におさまってくれた。(写真内では小猫が小さ過ぎるが左側の格子越しに顔が見える)私はその男に「どうも、ありがとう御座います。」と礼を言って、その場を去った。帰り道何故か、この街が少し好きに思えた。

新宿区・歌舞伎町にて
  1. 2005/11/08(火) 21:36:05|
  2. スナップ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ブンブン丸

10 | 2005/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search