FC2ブログ

紀ブンな写真館

スナップ写真を中心に四季の風景・花を間に入れ合成写真も取り混ぜ、おでん鍋の具の様に見飽きない写真を載せたい。 どうぞご覧下さい。

山里の新緑

山里の新緑
五月初旬、芽吹きの新緑を求めて、山里に足を運ぶ。夕方の太陽が新緑に降り注ぐ光景に遭遇する。今年の新緑は特に、心にしみて来る。
スポンサーサイト



  1. 2011/06/18(土) 13:45:44|
  2. 風景|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント(-)

イルミネーション

イルミネーション
カナダのプリンス・エドワード島の写真を撮り続けている写真家・吉村和敏氏の著書「緑の島に吹く風」を数年前に読んだ中に記録されている一説に「二十歳の時、プリンス・エドワード島で約一年生活した。その時に目にした島のすべての風景が新鮮で珍しかった。中でも印象深かったのが、クリスマスのイルミネーションハウスだ。」と書いてあり、マイナス20度以下でのイルミネーションハウス撮影秘話が今でも頭の片隅に残り、イルミネーションが街を賑わす時期になると思いだしながら見とれている此の頃です。綺麗なものは、素直に綺麗でいいのですから。こんな光景を眺めていられること事態が平和であるのだし・・・・なんだか、お酒でも飲みたい気分にもかられるのだ。
  1. 2010/12/19(日) 03:29:02|
  2. 風景|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント(-)

高層ビル群の情景

kousoubill1.jpg
新宿西口、某デパートの屋上で遭遇した光景をスイスアルプスの名峰マッターホルンと重ね合わせている私がいる。それは、まもなく完成予定の「モード学園コクーンタワー」の姿である。
  1. 2008/09/21(日) 15:36:16|
  2. 風景|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント(-)

黄葉

kouyou2.jpg

藤棚が黄色の衣をまとい始めるように、日に日に風景は色を深めてゆく晩秋の様子は、画家がキャンバスを絵の具で埋めていく過程に似ている。日本には四季があり、人はめぐる季節で時の流れを知り、心に区切りをつけることが出来るのかもしれない。
  1. 2007/12/06(木) 21:17:29|
  2. 風景|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

晴海埠頭

harumi.jpg

潮の香りを嗅ぎたくて晴海埠頭に来て見た。大きく深呼吸をすると肺の奥深くまで潮の香りが入り込み生きてる事を実感する。もう一度大きく深呼吸してみる。昔、この場所は、はとバスのコースに入っており、母が東京に来た折り昼食の為に立ち寄った場所でもあった。そんな事を思い出しながら時が過ぎていく・・・
陽が沈むと港に横付けしている船のライトが薄暗くなりかけた空の中で少しずつ鮮やかに浮び上がって映画のワンシーンの様になり始めた。心地好い至福の時間だ。
  1. 2007/03/12(月) 23:34:17|
  2. 風景|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

室蘭夜景(夕景)

muroranyakei.jpg

明治5年にアメリカ人技師ワーフィルドが札幌・室蘭間の道路を建設するために、この山から道路計画を見当つけ、三角測量の基点としたことから測量山と名付けられた。日頃のストレスを解消するために夜景を観に行くのもいいものだ。測量山展望台からは室蘭港に架けられた白鳥大橋がライトアップされ望む事が出来る。有珠山が中央近くの三角形の山の遠く上方に薄く望める。しかし、雲の中に羊蹄山が隠れてしまったのは残念。
夜景は、日中の見慣れた風景を非日常の世界に変えて、私達にやすらぎをもたらす。個々の家は明かりが灯ると、ここに生活がある事を自己主張し出す。多様なライトで彩られた夜景は観る者に感動を与えてくれる。夏場の空気はとても心地よい・・・・・・・・・・・・・・・・・
ムロン、北の食材でビールを飲むのもタマラン。

  1. 2006/08/15(火) 04:19:27|
  2. 風景|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

東京トワイライト

towairaito.jpg

今日も一日ご苦労さんと、夜が昼に挨拶をする時。建物の姿がまだ見分けがつく夕方の薄暗い時間帯が、私は好きである。冬場の東京の空は特に空気が澄んで遠くの景色まで眺望できる。写真は聖路加タワーの展望室よりの眺めで、左側の川は隅田川で、左上の東京湾へと流れている。そこに架かる橋が勝鬨橋である。右上には東京タワーが見え、東京タワーのすぐ左上遠方へ富士山が望める。一刻一刻と黄昏の時間も、あっと言う間に闇に呑み込まれていく。闇の深さは東京の街の明かりを、より一層に光り輝かせて、そこに住む個々人の全て異なる夢を光に変えて眠らない街として未来に進んで行く。この様な光景を眺めながら全てのものに乾杯と言いながらビールなど飲むのもいいものだ。ただ、夜風が冷たいのでこの澄んでる空気が幾ら好きでも胸一杯に吸い込んで風邪など引かぬ様にしたいものだ。
  1. 2005/12/20(火) 21:42:00|
  2. 風景|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:4

kumo.jpg

八月の青い空に真っ白い雲・蕎麦畑。雲には日常のストレスを吹き飛ばす力があるのかもしれない。蕎麦を食べる事もストレスに良いらしい。

北海道・和寒町にて
  1. 2005/08/26(金) 19:15:53|
  2. 風景|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:2

鉄橋

tekkiyou.jpg

田舎に泊まり、早朝 散歩に出かけて見付けた鉄橋のある光景。久しぶりに旧友に逢ったときの喜びに似ている。

北海道・宗谷本線にて
  1. 2005/08/26(金) 18:55:40|
  2. 風景|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

一本の木

ituhonnoki.jpg

大きな北海道。ある農家の畑に立って大地を眺め続けている一本の木。

北海道・和寒町にて
  1. 2005/08/23(火) 22:33:19|
  2. 風景|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
次のページ

ブンブン丸

09 | 2019/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search